2016/04/19 - LIFESTYLE


恋は映画が教えてくれる。のか?!


恋は映画が教えてくれる。のか?!

今月の教科書「恋のスラムダンク」

【今月のお勉強「残り物が福を得ることもある」】

 この作品のヒロイン、見るからに親近感で一杯になります。レスリー嬢は35歳シングル女子。どこか江戸っ子っぽい性格で、男性からの評価は「キミは凄くイイ人だ‼キミと結婚する男性は本当に幸せ者だね‼」(俺は遠慮するけど)というようなものです。多分レスリー嬢、女性からも凄く好かれていると思います。でもシングルのあま35歳。決して性格に問題があるわけでは無いのに……

 縁あって彼女はNBAの花型プレイヤー・スコットに恋に落ちます。最初、何と彼の方からパーティの誘いが有り「やったじゃん‼」と思うのだが(もう最初っから感情移入)結局スコットは、レスリーの親友・超美人ナイスバディのモーガン嬢に惚れてしまう。おバカ男子めが……

 で、そうこうしている内にスコットが商売道具である足を怪我してしまう。リハビリしたって再起は難しい……と医者にも言われる状況に陥ってしまいます。セレブになりたくてスコットと付き合ったモーガン嬢にしてみれば「話が違う‼」という事です。彼女はショッピング依存に陥りながら、親友のレスリーに彼のリハビリ担当を依頼する(レスリーは理学療法士)。でもさぁ、そんな付きっきりのリハビリ担当をレスリーに頼むなんて、ちょっとナメてんじゃないの?と思うのです。結局なんだ、スコットもモーガンも見た目で判断か‼しかし、そういって上辺で判断していたら彼らは、結局なんの幸せも得られない訳ですよ。

 最終的にスコットはレスリーの魅力に気付き2人はゴールイン(途中懲りずに一度モーガンに戻るけど)。しかし、作中レスリーは何一つズルい駆け引き的な恋愛テクは使っていない。せいぜいパーティでオシャレしていく位だ。そんな女性が最終的に売れ残ってしまうのは世の常なのだなと改て思った。レスリーが35歳にしてNBAの花型プレイヤーとゴールイン出来たのは…日頃の行いと運としか思えない。神様がちゃんと見ていてくれたらラッキーなパターンだと思います。ホント稀な、ね。

 余談ですが、スコット役のコモンが大好きなのでウキウキしながら鑑賞出来た作品です。他、「コフィー」のパム・グリアーが出ていたりと何気に超豪華キャスティング‼


【テストにでるまとめ】
外的要素で人間を判断し過ぎては危険ですよ。
中身を見抜くことが大事なのです。基本中の基本(自分への戒め)


編集部員/ぺこり

page top