2016/01/05 - LIFESTYLE


紙とそれに似合うなにか。 vol.8 コロリアージュ


紙とそれに似合うなにか。 vol.8 コロリアージュ

コロリアージュって知ってますか?


フランス塗り絵といって、大人の塗り絵なんです。
それがまた、元の絵が美しくて細かいものも多くて子供のぬりえとはちがう。
ひたすらお花であったり、曼荼羅だったり、幾何学模様や昆虫などなど、塗るのがもったいないと思うような下絵に好きなように色を塗っていく。
仕上がり時の達成感は幸せだろうなと。


この塗り絵、リラックス効果があるとのこと。確かにひたすら色をぬる作業は無心になれるし時の経つのも忘れるくらい。日頃のストレスをわすれることができるかもしれません。


仕上がった絵もとてもキレイなので、額に入れてみたりして飾ってもステキです。


というわけでやってみたんですよ。すごく時間がかかって、ただただ無心に色を塗っていくのです。とても楽しい。没頭してしまいます。
でも、これは私だけかもしれませんが、白い部分が減ってきた途中から自分の色彩センスの無さにガッカリして逆にストレスを感じたりします…。
あと、手持ちの色が足りなくて、無駄に色数の多い色鉛筆とかマーカーとか欲しくなります。


寒くて家から出れない日は、ぬりえをする…。
贅沢な時間の使い方だとおもいませんか?


machiko
ついついモノをあつめがちな女子。ブローチ以外はマグネットを集めてます。文房具が好きで、最近のホットな場所は郵便局。切手と風景印が気になっています。そのうち御朱印にも手を出しそう。

page top