2015/08/18 - LIFESTYLE


恋は映画が教えてくれる。のか?!


恋は映画が教えてくれる。のか?!

今月の教科書「そんな彼なら捨てちゃえば」

【今月のお勉強「なんで連絡がこないの?」】

世界中で恋に悩む女性は友人に相談をして意見を求めている。
でも、女性同士の意見は相手を庇うので参考にならず、勘違いを繰り返して残念な方向に恋が突っ走っていく。そんな女性に正しい客観視な意見を教えてくれる映画が今月の教科書「そんな彼なら捨てちゃえば」です。この映画の原作は「セックス アンド ザ シティ」の脚本スタッフが書いた本です。ちなみに、原題は「He's just not that into you.(彼はあなたに夢中じゃない)」これはSATCで出てきたセリフ。キツイ一言ですな。

男の本音を理解せず、都合のいいように解釈して、失敗しまくっている女性、ジジに男の本音を教えてくれる救世主が現れる。
彼は言います。


「彼は君に興味がない。だから電話は来ない。」


「例外はめったに起こらない。」


確かに彼の言う事は正しい。
それを理解したジジは彼に恋愛の意見を求めて、ダメ恋愛から脱却していく…
と言うお話。

こういう正しい客観視ができる異性の友達って一人いると良いですよね。同性同士は同情や、自分の理想や希望もあって、なかなか正しい答えを導けなかったりする。その点、異性や、映画にもたくさん登場するゲイのみなさんはそこらへんが結構手厳しい。

同情して欲しいんじゃなく、正しい意見を聞きたい時は同性に聞いちゃダメなのだ。

さて、この映画にはジジ以外にも4人の女性の恋愛を描いてる。

☆ジジの「例外はめったにない。」に共感して「いつか結婚してくれる」と思っていたけどなかなか結婚してくれない同棲彼氏との別れを選ぶ女性。
☆嘘が嫌いで正論で夫を追い詰めてしまう女性。
☆ネットで恋愛を見つけようと頑張る女性。
☆本当の愛が欲しいのに、フラフラと複数の男性を弄んでしまう女性。


その誰もが幸せになりたいだけなのに、愛って難しい。女性ならきっと誰かしらに共感できる部分を見つけて楽しめる映画だと思います。皆がハッピーエンドじゃないけど、前向きだしね。恋愛にモヤモヤっとしてる人は観たらスッキリ次の恋愛に向かっていけるかも。

【テストにでるまとめ】
次のデートの連絡が来なければ「彼は自分に興味がない。」「男が欲しければ行動に出る。」
恋愛相談は客観的にみてくれる異性に。


編集部員/ぺこり

page top