2014/12/08 - LIFESTYLE


恋は映画が教えてくれる。のか?!


恋は映画が教えてくれる。のか?!

今月の教科書「恋人達の予感」1989年 アメリカ

今月のお勉強「男友達と恋愛に発展する方法」今月の映画も、やっぱり「タイミング、ハプニング、フィーリング」なんだ!って思いました。 そこに注目して観てみましょ。

この映画は男女の友情は成立するのか?っていうお話し。
大学を卒業してシカゴから同じ車でNYに出てきたハリーとサリー。第一印象は最悪でNYに着き、これから会う事もないだろうと思っていた二人が5年位に一度、偶然再会をするのだけど、どうにも性格が合わない。

2度目の再会は大学から10年後。二人が共に失恋のタイミングで再会するのです。
10歳年をとって人間が丸くなったのと、お互い寂しい事もありじっくり話してみたら、仲良くなった。
二人で食事したり、映画を観ながら電話をしたりしてお互いに男女の友情はあるのだと思いはじめるの。

【これがポイント!!過去の2回の印象は最悪だったのに寂しい「タイミング」が一緒だったからお友達になれたんです。】

価値観の違いもある二人ですが、仲良くなるうちにそこも許せるようになります。

【これもポイント。「フィーリング」が会う相手とは、多少の価値観の違いも認め、許す事ができるでしょ。】

そして、この二人は、弱いところをお互いなんでもさらけ出してます。これ大事。それって結構できないもんですよ。特に男の人なんてムズカシイでしょ?女友達に「ベッドが広くて寝つけない」とか言えないんじゃないかなぁ。私はできません。

ある日傷心のサリーを慰めにきたハリー。そんな二人に「ハプニング」が起きる。やっぱり男女の友情はセックスが邪魔して成り立たないの?!

二人の出会いからこの【ハプニング】まで10年以上。それだけ長い事友達やってたらいきなり恋をするのは、気まずくてしょ うがないし、大事な友達を失う事はこわいと私は思うのです。でもそれを超えたら本当に無敵に大事な人になるんでしょうね。きっと…一生そばにいられる友達ですもんね。

でも、確かにね、男女の友情って一生は続かないと私は思います。結婚すればパートナーに遠慮もあるし、同性の友情とはやっぱり違う。それでも「一生友達でいたい親友」と思うならその人とは結婚した方がいいんじゃないのか?

【1日の最後におしゃべりしたいのは君だ。残る一生を誰かと過ごしたいと思ったら早く始める方がいいだろ?】by ハリー

きっと結婚ってそういうことなんでしょうねぇ。それに気付いてもらえれば友情も恋愛に変わるのかもね。

今月のテストにでるまとめ「ハプニングが起こらないと友情は越えられない。一生友達したいけど、でも男女の友情は一生続かないのだよ。と言う事をアピール!!」


編集部員/ゆだま

page top